高級マンションを利用するために工夫するポイント

集合住宅

幅広い年齢層が住んでいる

案内する人

賃貸物件に住む年代の違い

マンションやアパートなどの賃貸物件には様々な年齢の人が住んでいます。その幅広い年齢層の中で一番利用者が多いのは、20代です。20代が賃貸物件を利用する背景には、学生がワンルームマンションを借りたり、社会人になってワンルームマンションやマンスリーマンションを借りる場合が多いのです。また、20代も後半になると結婚をする人も増えてくるため、いきなりマンションや一戸建て住宅を購入する人は稀で、ほとんどの人は賃貸アパートや賃貸マンションを借りるのです。ところが、この傾向は30代になると大きく変化をします。30代になると賃貸マンションやアパートに住む人が激減するのです。あるデータによれば30代で賃貸物件に住んでいる人は20代に比べると半分に減少するようです。

それぞれの年代の事情について

30代で賃貸物件の利用が減少するのはそれなりの訳があります。30代になると結婚する人も相変わらず増えますが、子供が生まれる人も増えるのです。子供が生まれてある程度大きくなると今まで夫婦だけで住んでいた住環境も変える必要があります。特に収納の狭さに頭を悩ませることになるでしょう。ただ、賃貸マンションで4LDK以上の部屋を探すのはなかなか難しく、どうせなら一戸建てや分譲マンションを購入したほうがこのまま家賃を払い続けるよりも良いのではないかと考え、賃貸マンションやアパートを出ていくことになるのです。40代以降もこの傾向は続き、60代以降になると8割以上は持ち家を持っています。今後もこの傾向はしばらく続いていくものと考えられます。